介護職員処遇改善交付金の活用セミナー

TOP


ビジョン志向型
   人事賃金システム
特徴
評価制度
目標管理制度
実際の実施事項と手順例

成功をまねく三大要件


■従業員の行動変容
意識改革と動機づけ
目標達成(意識改革)研修

■成功のために
セルフイメージ・コーチング
目標達成のための心理学
企業文化(社風)
目標のストレスの克服
最終結果アプローチ

■賃金制度の整備

賃金制度のあり方
賃金決定要素
業況と賃金の年功性
賃金制度の年功性
>賃金診断
  
労働生産性
  ◆固定費分析
  ◆賃金水準
  ◆最低生計費
退職金診断
Q&A



成功をまねく人事賃金システムの三大要件

 リーマンショック以来の厳しい環境の中で業績を向上・維持している会社、組織は以下の成功をまねく三大要件共通点として実行しています。
 
成功をまねくためには制度の整備で満足することなく、「1.明確な経営方針・経営目標の設定」と、従業員のやる気を引き出し業績に結びつける3.目標達成・意識改革手法の伝達と実践をおなざりにしないことが重要です。
 成功をまねくためには、制度の改善・構築とともに、
従業員満足を高め、顧客満足を提供するという成功をまねく運用が大切です。

会社・組織に成功をまねく三大要件 私どもにできる支援事項
明確な経営方針・経営目標の設定
会社・組織が目指すところを明確にする 目標達成研修体験
 (
セルフイメージ・コーチング
・ビジョン構築支援
信賞必罰の評価・処遇制度の確立 貢献度に応じた評価・処遇制度を確立する ビジョン志向型人事賃金制度
 構築、運用支援
目標達成・意識改革手法の伝達と実践 従業員へ目標設定の意味と達成法(意識改革のし方)を伝えた上で、目標管理制度を運用する 目標達成研修(従業員)
・目標設定、評価研修
                        (注:目標達成研修等には中小企業緊急雇用安定助成金が使えます)

 私どもの経験では、これらの共通点を整備すると従業員の行動が変わってきます。つまり、会社・組織の目指すところとと意識改革のし方伝達し貢献度に応じた評価と処遇を行っていくことを実行すると、組織全体が望ましい方向に動き始めます。
 特に、3の「目標達成・意識改革手法の伝達と実践目標達成研修ではセルフイメージ・コーチングの手法を従業員に伝達しながら行います。目標達成の方法と達成のための意識改革の必要性を、
認知心理学と脳生理学の理論に基づいて説明しますので、納得性の高いものとなっており、抜群の効果を上げています。
 結局のところ、人事賃金システムを経営のサブシステムとして動かしていく会社・組織が成功をまねいているのです。

三大要件の整備手順
 この三大要件の整備にあたっては、次の順で行えば、成功します。

 (1)ビジョン志向型人事賃金制度の構築【信賞必罰の評価・処遇制度の確立】
   ・会社・組織目標への貢献度合いの評価により
信賞必罰の処遇を行う

   ・チームワークを育成するため、部門の実績評価を行う。
   ・「経営方針」、「経営目標」の達成貢献度評価を行う。
   ・「経営方針」、「経営目標」の達成に努力する行動を行動規範等の観点から評価する仕組みを準備する。
   ・評価に基づく処遇には、「
プラス」と「マイナス(減給など)」の両面を備えるようにする。

 
(2)経営者の目標達成研修体験とビジョン構築
【明確な経営方針・経営目標の設定】
   ・従業員の行動変容を導く「セルフイメージ・コーチング」を体験してもらい、意識改革の全容を把握して頂く。
   ・また、ビジョン(理念、ミッション)の重要性と、その活用の仕方を把握して頂く。
   ・ビジョン(理念、ミッション)の整備状況を確認し、必要があればそれらを整備する。
   ・ビジョン(理念、ミッション)から会社目標、部門目標を整備して頂き、目標管理運営の基盤を整備して頂く。
   ・ビジョン(理念、ミッション)達成に向け必要な社員の行動規範を抽出し、評価制度に組み込む。

 
(3)従業員への目標達成研修と目標管理の運用【目標達成・意識改革手法の伝達と実践】
   ・従業員への目標達成(意識改革)研修を行い、目標の設定が本人に有利なことを伝える。
   ・経営方針・経営目標を部門目標に落とし込み、目標管理の基準とし、目標管理を運用にのせる。
   ・実績を評価し、処遇につなげる。


【ビジョン志向型人事賃金システム】

 ビジョン志向型人事賃金システムの特徴は、会社・組織の目指すところ(理念、ビジョン、ミッション)を明確にし、これを達成するために、情報伝達のしくみ、目標設定のしくみ、人事評価のしくみ、処遇のしくみを整え、さらに従業員に目標達成研修として、セルフイメージ・コーチングの手法と意識改革の仕方を伝達するところにあります。
 非常に実務的なシステムとなっており、導入されたクライアント様に喜ばれております。

理念の実現(ビジョン) ⇒ 経営方針・経営目標
ビジョンの設定・浸透が成功をまねくビジョン志向型人事賃金システムとなる
ビジョン志向型人事賃金システム、目標管理、評価制度、処遇制度
ビジョンを達成するには理念、価値観に則った模範行動をとることが重要である
理念・ビジョンの実現を導く価値観 = 模範行動(企業文化・社風)変革 :意識改革 


 私どもは、従業員の意識改革が必要な会社・組織の経営者の皆様に満足頂ける結果を出すことができます。
 まずは、ご連絡をお待ち致します。


                                  
                             メールでのお問い合わせ、Tel: 03(3843)8715

             Copyright(c)2014 OfficeF21 All rights reserved