中堅・中小企業の経営者が望む成功をまねくビジョン志向型人事賃金システム  キャリアパス賃金制度改訂

TOP


ビジョン志向型
   人事賃金システム
特徴
評価制度
目標管理制度
実際の実施事項と手順例

成功をまねく三大要件


■従業員の行動変容
意識改革と動機づけ
目標達成(意識改革)研修

■成功のために
セルフイメージ・コーチング
目標達成のための心理学
企業文化(社風)
目標のストレスの克服
最終結果アプローチ

■賃金制度の整備

賃金制度のあり方
賃金決定要素
業況と賃金の年功性
賃金制度の年功性
>賃金診断
  
労働生産性
  ◆固定費分析
  ◆賃金水準
  ◆最低生計費
退職金診断
Q&A



n実力給人事賃金システム

 会社を潰さない、会社を強くする従業員の意識改革を促すために人事賃金制度を整備、見直すことが必要です。

 実力給人事賃金システムはビジョン志向型人事賃金システムの原型となる人事賃金システムで、職責等級制度を中心に、成果実績評価スキル評価を行い、適材適所の人事配置人材開発の資料を提供するとともに、賃金、賞与、昇降格などの処遇を合理的に決定する賃金制度です。
 又、労働契約法、パート労働法にも対応できる人事賃金システムです。

 運用面のツールも揃っており、賃金制度の改善、改革、改訂、見直しに最適なシステム、考え方です。
 このシステムの上位に目標(ビジョン、ミッション)を置き、目標実現の行動の基準となる価値観、行動規範を運用のベースとし、目標管理を意識改革と共に展開するビジョン志向型人事賃金システムに発展しています。

実力給人事賃金システム、ビジョン志向型人事賃金システム

 @経営計画等に基づく目標管理により、成果実績評価を行い、賞与等の処遇に反映させる
 A成果実績評価に加え、職責等級基準書に基づくスキル評価と、理念・ビジョン達成のための行動規範評価
  により昇降給昇降等の処遇に反映させる
 B評価は賃金総研独自のポイント式を採用する

 @賃金制度は仕事給中心の職責給制度をベースとし、成績別賃金(昇降給)管理を行う
 A賞与制度は業績連動の原資計算を行い、評価に基づき、個人別に配分する
 B退職金制度は、お客様企業の業況に合わせて、再構築する
 C職責等級基準書、昇降格基準に沿った昇降格管理を行う

 @理念・ビジョンの達成に共感を覚える人材の採用
 A理念・ビジョンの達成に向けての行動規範の確認と入社時研修の実施
 B部門別職責等級基準書等に基づく戦略的OJT、OFF−JTの実施
 C管理職へのマネージメント研修の実施
 Dセルフイメージ・コーチングによる意識改革研修の実施
                                  
                             メールでのお問い合わせ、Tel: 03(3843)8715

             Copyright(c)2014 Office F21 All rights reserved