中堅・中小企業の経営者が望む成功をまねくビジョン志向型人事賃金システム  キャリアパス対応賃金制度改訂

nビジョン志向型人事賃金システム

 ビジョン志向型人事賃金システムは、従業員満足を向上させ、お客様満足を提供する企業・組織を作る人事賃金システムです。このシステムをうまく稼働させる一番のポイントは、組織全体で理念や目標(ビジョン)を共有する仕組みを持つことです。
 会社・組織が目指す「理念の実現=ビジョン」を明確にし、その実現の前提となる価値観を大切にし、
ビジョン達成価値観に沿う行動を促す仕組みを評価制度に組み込んだ人事賃金システムを「ビジョン志向型人事賃金システム」といいます。
 評価結果は、活力ある企業・組織を作るため、昇給や賞与に反映させます。さらに企業・組織の活性化をもたらす人材の育成に役立てます。
 私どもは、制度を提供するコンサルタントに留まらず、会社・組織が目指す「理念の実現=ビジョン」を実現するためのご支援を「ビジョン志向人事賃金システム」を通して提供してまいります。
 ビジョン志向型人事賃金システムの特徴を示すと次の通りとなりますが、一番大きな特徴は固定概念に縛られない発想を育むセルフイメージ・コーチング手法をベースに、従業員へ「自分の目標は達成できる」という意識改革を提供できることです。

 この考え方を図示すると次のようになります。ビジョン志向人事賃金システムの一番の特徴は、システムを運用する人事評価制度が「人材育成型評価制度」であることです。

理念の実現(ビジョン) ⇒ 経営方針・経営目標
ビジョンの設定・浸透が業績のあがる実力給人事賃金制度となる







ビジョンを達成するには理念、価値観が重要である
理念・ビジョンの実現を導くセルフイメージ・コーチング

 人材育成型の評価制度の特徴

 人材育成型評価制度の特徴は次の通りとなります。

 @結果を給与・賞与に反映させる査定型の評価は評価者のみの処理でできますが、育成型は自己評価と被評価者への
  フィードバックが必要です。
 A査定型に比べて、人材育成型の評価は、目標管理や行動規範など、評価項目が多くなり、データ量が多くなります。
 Bデータ量の多さに対応するため、ネットワークを活用して評価制度を運用すると、精度と効率性が驚くほど向上します。
  システムは容易に導入可能です。

  (従来、ネットワーク利用は高いと考えていたが、低くする方策を発見。)

ネットワーク使用(C&S)型
@Excel等のチェック機能が使用可能
Aデータはデータベースに格納。
  瞬時(
抜群のスピード)に、纏めの統計処理が可能。
B遮蔽版で許可部分のみ表示されるので、
  複数人で1台のPC使用や、共用ファイルが
  使用可能(夜勤がある施設では特に有効)



        社会福祉法人土穂会 ピア宮敷で採用
         (http://www.piamiyasiki.jp/)

nビジョン確認/再評価/構築

 @理念・ビジョンは社是・社訓などの形で多くの企業が設定しています。
 Aしかし、末端の社員まで浸透し、企業の社員の行動の基礎、判断の基準になっている場合は少ないです。
 B理念、ビジョンを社員に浸透させることにより、全体的な行動のベクトルをそろえることができ、
   生産性の向上を図ることができます。
 C理念・ビジョンが経営者の思いや外部環境にあっているか検証し、あっていない場合は再構築しましょう。
 D自己変革や挑戦力向上のため、セルフイメージ・コーチングを実施するとさらに効果が上がります。

n組織文化・意識改革

 @理念・ビジョンの実現を促す行動規範の抽出を、社員階層毎のワークショップで行い、
  
集約することにより、評価制度に組み込めば、理念・ビジョンの浸透が図られていきます。
 A「自分と未来は変えることができる」ことを理解させ、その上で、行動規範の
   抽出・集約を行っていけば、この行為そのものが
意識改革になっていきます。

                            メールでのお問い合わせ、Tel: 03(3843)8715)

            Copyright(c)2014 OfficeF21 All rights reserved