中堅・中小企業の経営者が望む成功をまねくビジョン志向型人事賃金システム  キャリアパス対応賃金制度改訂、ストレス克服

成功のために

>目標とストレス

 「身」という日本語があります。「身の程知らず」、「身の丈」といった例に使われています。
人間は、「身」を超えている事を行おうとすれば、ストレスを感じることになります。

セルフイメージ・コーチング、自己イメージ、成功、目標設定、方法
「身」を外れた目標はストレスを生じさせます
しかし、達成したときの成果は大きいです
今までのやり方で限界が見えてきた時は身を外れた目標に挑戦せざるを得ません



この範囲に設定する目標ではストレスは生じません。
多くの目標はこの範囲に設定されますが、目標が達成されても月並みな成果しか得ることができません。

目標設定時(「身」を外れたところに目標を設定するとストレスが生じる)


 もしも、上図のように「身」を外れた目標を達成せざるを得なくなったとき、どうすれば良いでしょうか。
自分の「身」を、目標を飲み込む程、大きくして上げれば良いのです。これを自己変革と言います。
 この「身」のことをセルフコーチングではセルフイメージ(自己イメージ)と呼んでいます。自己変革とは自己イメージを自分で変えていくことに他なりません。

セルフイメージ・コーチング、自己イメージ、成功、目標達成、方法
「身」の範囲に入れた目標はストレスを生じさせません
しかも、達成したときの成果は大きいです
目標達成のためには自らを変えていくことが必要と言われる所以です。
目標設定時(この状態ではストレスはない)

 問題は、自己変革が困難かどうかですが、脳生理学等の成果を活用することにより(セルフイメージ・コーチングでその理論を納得できる)、容易に挑戦することができるようになります。

                           メールでのお問い合わせ、Tel: 03(3843)8715)





















            Copyright(c)2014 OfficeF21 All rights reserved